検体の準備と結果報告

検体の種類および量
全血
(10mLチューブ2本分)
保存及び輸送条件
採血後静かに転倒混和し18〜25°Cで保存
採取当日または翌日に室温で輸送
冷蔵・凍結不可
検査に要する時間
検査期間の検体受領から結果が得られるまでの期間は原則14日以内

検査の流れ

ガーダントヘルスが独自に確立したリキッドバイオプシー(血液検体)からのデジタルシークエンシング技術によって、 腫瘍細胞由来の DNA から遺伝子異常を検出し、専用ポータルサイトを介して解析レポートを返却します。
Guardant360 CDx がん遺伝子パネル 検査の流れ