分析性能

遺伝子異常 検出限界1)
(5ng cfDNA)
特異度2) 陽性判定閾値
塩基置換 1.8% MAF 100% ≧0.001% MAF
挿入・欠失 2.3% MAF 93.7% ≧0.01% MAF
遺伝子増幅 2.3~2.4 コピー* 100% ≧2.16~2.18 コピー***
融合遺伝子 0.7~1.5% MAF **4) 100% 固有分子数 ≧2

1) 検出感度95%以上となるcfDNA(5ng)中のMAF(Mutant Allele Fraction)
2) 「100ー(検体あたりの偽陽性率)」と定義
3) 細胞株に基づいたデータ。詳細な情報については技術文書参照

*一部の解析対象遺伝子の解析性能に基づく:ERBB2 (2.3コピー)、MET (2.4コピー)
**一部の解析対象遺伝子の解析性能に基づく:NTRK1 (1.4% MAF) 、RET (0.7% MAF)、ROS1 (1.2% MAF)、ALK (1.5% MAF)
***一部の解析対象遺伝子の陽性判定基準:ERBB2 (2.18コピー)、MET (2.16コピー)